「Webセミナー:ICT施工に最適な最新鋭の転圧管理システムとは ~LeicaのハードとジオサーフCSのソフトが合体したICT建機ソリューションの決定版~」がオンデマンドで視聴可能です。

 

今日の転圧作業はオペレーターによって施工品質にばらつきが生じ、多くの方が苦心されています。

そこで今回は、転圧ローラーのマシンガイダンスをおこなうだけでなく、締固めの作業の軌跡や回数などの施工作業を全て記録して可視化し、オペレーターによる人為ミスを削減し、安定した施工品質を保つための転圧管理用マシンガイダンス・ソリューションの決定版をご紹介します。

ガイダンスパネルやセンサーだけでなく、日本仕様にマッチした独自開発のソフトウェアから、オフィスPCと現場をつなぐクラウドサービスまで、転圧管理に必要な全ての機能が備わった最新鋭のICT施工統合ソリューションをご紹介します。

 

【内容】

・コントロールパネル(Leica MCP80)およびMCソフトウェア(MC1)の概要 
・日本仕様向けに開発したMC1 iRoller / iCE Office for MC1とは
 ・機器構成
 ・オフィスPCと現場をつなぐクラウドサービス(Leica ConX)の概要
 ・転圧作業管理ソフトiCE Office for MC1の機能
 ・ワークフロー
 ・対応センサー
・出来形測量ソリューション概要

 

マシンコントロール製品に関するお問い合わせはこちら

「Webセミナー:ICT施工に最適な最新鋭の転圧管理システムとは ~LeicaのハードとジオサーフCSのソフトが合体したICT建機ソリューションの決定版~」オンデマンド視聴へのご登録

お客様のご連絡先のご登録をお願い致します。

(例:ライカジオシステムズ株式会社)
(例:山田)
(例:太郎)
(例:03-6809-3901)

Leica Geosystems の プライバシーポリシー には個人情報の取扱方法、個人データの更新、アクセス、管理、エクスポート、削除に対する権利の行使方法に関する情報が記載されています。

後日、送信されたマーケティング案内Email内の「 設定を変更する/購読解除/Unsubscribe」リンクをクリックして、いつでも配信停止にすることができます。

登録情報を送信することにより、Leica Geosystems の利用規約に同意をしたものとみなされます。